スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
猿島日記
2007-05-26 Sat 20:36


やっぱキャワです。
こんばんわ、うっちです。

はい、本日急遽「猿島」へ行ってきました。
今日を逃すと次がわからないんでね。

んで猿島の感想の前に、うっちのライブ関係を整理していきますw


>サマソニ07

[うっち]様

プレリザーブにお申し込みいただいた、
[SUMMER SONIC 07★3次受付(千葉)]
のチケットが以下の内容でご用意ができましたのでお知らせいたします。

[結果]
第1希望:○
 
[内容]
■公演名 サマーソニック 07/通し券
■公演日時 2007/08/11 11:00AM 2日間通し券:27500円 × 1枚

約30K近くか^^;


>FC先行

メロン記念日ライブツアー 2007 秋

2007/09/01 (土) 横浜BLITZ 18:00 19:00 1階 2 枚 当選
2007/09/02 (日) 横浜BLITZ 13:00 14:00 1階 2 枚 当選
2007/09/09 (日) Zepp Sendai 17:00 18:00 2 枚 当選
2007/09/16 (日) 新潟LOTS 17:00 18:00  (連番:はんぞーさん)
2007/09/30 (日) なんばHatch 17:00 18:00 1階 2 枚 当選

※新潟以外は連番募集中です。


チケ代約53K。
サマソニのやつとあわせたらトータル計80K越え。
これにメロンさんのFCツアーとかがきたら・・・・・・

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



>6月舞台 シニアグラフティ「東京」
 ※柴田あゆみ/稲葉貴子/前田有紀出演

チケがきました。

6/10(日) 17:00開演 4列一桁番台
6/13(水) 19:00開演 5列10番台
6/16(土) 17:00開演 D列10番台
6/17(日) 17:00開演 2列10番台

※こちらも連番募集中です。








ここからは長くなるので隠しますw




>猿島日記

2006年夏。
メロン記念日ライブハウスツアー「灼熱天国」。
その会場で売られていたDVDマガジン。
ロケ地は”猿島”
以前、一度この島に上陸しようと試みたが強風のため”欠航”。
そしてその屈辱から数ヶ月後。
うっちはこの日、5月26日、再び上陸を試みることを決意。
その一部始終。




猿島へ行くには電車ならば京急がよい。
うっちは日本橋から都営浅草線経由京急線で向かった。
「快特」を使えば約1時間ほどで最寄り駅の「横須賀中央」に着いてしまう。



旅の始まりは記念艦「三笠」がある三笠公園から始まる。
名将”東郷平八郎”閣下がうっちをあたたかく迎えてくれた。
この写真の右側へ向かえば猿島航路の桟橋がすぐだ。



桟橋にある乗船券売り場で乗船券を購入
往復乗船券のみの発売で1200円。
うっちは11時30分の便。
船は約1時間くらいの間隔で運行をしている。



さあ、券を握り締めて猿島へ向かうことにしよう。








うっちが乗船した船は「シーフレンド1号」 (定員85名)。
メロンさんが乗船したのと同じタイプの船だ。
うっちはもちろん2階前方の展望デッキ、最前列をゲット。






船のスピードは意外と速く、目と鼻の先に”猿島”が見えてくる。
乗船時間は約10分ちょっとぐらいだ。
↑の写真右側の砂浜付近の桟橋に到着する。



しかしいきなり驚かせてくれるのが”猿島桟橋”。
非常にたよりない。
写真の一番手前。幅が狭いところに横ずけされる格好だ。



下船光景1



下船光景2



上陸後の猿島桟橋。




ここはまぎれもなく”東京湾内”である。
大都市に囲まれながらもこういう場所が存在するのだ。



上陸してすぐに”例の”石垣が現れる。







猿島の散策ルートは1本道なので迷うことはほぼないだろう。
つきあたりまで行って、桟橋がある場所に戻ってくるような感じだ。



散策ルート
海風のせいか、日差しがあるにもかかわわらず涼しく感じる。
そして自然が豊かな島だ。



猿島はもともとほぼ無人の状態の島であったが、
江戸幕府が外国船防備のため砲台を建設したのを発端に、
明治~昭和初期にかけて軍事強化の為、要塞化された。
その名残が随所に点在する。
赤レンガの”兵舎””弾薬庫”など。











とりあえず1枚。





要塞の中にあるトンネル入り口。



トンネル内部から外をみる。



トンネル内部はすごくひんやりとしている。
通路は蛍光灯の光で照らされてはいるものの昼間でもかなり暗い。
赤レンガとあいまって不思議な光景がそこに広がる。



トンネルの上にある司令塔、弾薬庫に通じる通路。







トンネルを抜け、展望台めざしてさらに登ってみる。



展望台へ向かう階段途中からの眺め。



階段を登りきると、展望広場に到着する。
広さはテニスコート1面分くらいか。





その広場には見張り台というべきか、司令塔というべきか
それらしき建物がたっている。



建物内部(あゆみ目線)。









写真にはおさめられなかったが上の2枚は”日蓮洞窟”付近。
ここに行くには海岸へ向かって急な階段を降りることになる。
この場所は画のようについ海をみたくなる。
波の音、潮風。
近くの岩場では釣り人がちらほらと。
つい日常を忘れてしまう場所だ。
ちなみにうっちが行った日は、洞窟内で水着のグラビアの撮影をやっていた。



砂浜があるのは桟橋付近のみ。
それ以外はほぼ断崖絶壁の島となっている。
そのビーチでは学生のサークルかなんかが
バーベキューや海水浴などを楽しんでいた。







ちなみにバーベキューに必要な道具を貸してくれる
ショップが桟橋近くにあった。


帰りの船を待つ間”猿島ビール”でのどの渇きをうるおす。



帰りの船。



さよなら、猿島







三笠桟橋へ帰港




>ラーメン大好きうっちさん
「支那そばや」(横須賀中央)



・つけ麺大盛り(\850)
 なかなかうまい!
スポンサーサイト
別窓 | メロン記念日 | コメント:3 | トラックバック:0
<<斉藤瞳/大谷雅恵/村田めぐみ CDS | Step by Step | サマソニ 07 / 土星>>
この記事のコメント
おおおっ!!行けたのですね♪
しかもメロンちゃん達と同じ形の船さんにも
乗れたようで!!よかったですね♪♪

猿島・・また夏頃に行きたいナァ・・。
今度は、本当にバーベキュ~したいな♪
2007-05-26 Sat 21:38 | URL | さお #-[ 内容変更]
>さおさん
猿島へ運んでくれる船のスタッフが
みんなイケメン風なのは何か狙いがあるのでしょうかw

都会から10分海渡るとそこはマッタリした
時間が流れるのよね^^
バーベキューin猿島ヲフとかやったら
たしかに楽しそうだw
で展望台のサバイバルゲーム付きでww
2007-05-26 Sat 23:46 | URL | うっち #-[ 内容変更]
メロンと一緒に行ってきました風のレポ乙です。
自分も暇を見つけて“斉藤目線”で探訪したいなww
2007-05-28 Mon 14:27 | URL | リバティ #HGK.Niao[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Step by Step |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。