スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
河口湖 日刊スポーツマラソン
2006-11-26 Sun 18:48

・渾身の1枚


ってことで「第31回 河口湖 日刊スポーツマラソン」へ行ってまいりました。
今日のレースの模様は日刊スポーツ新聞にのるそうです。
要チェキだね(謎w
さてそのレポをいってみたいと思いますが、まずは、
時間軸を2006年11月25日に戻したいと思います(”どうでしょう”風


11月25日
この日は9時から21時30分頃まで仕事。
家に帰ったのが22時すぎ。
そこから飯食べて、ネットで河口湖マラソンの前夜祭の様子がのっていた。
そこでうっちの何かのスイッチが入ったらしい。
急いで、列車での河口湖への最短の方法を調べる。
だが当日行くにはどうしてもスタートの朝7時45分にはとうてい間に合わない。
スタートから見なきゃ意味ないだろ!という思考回路が働く。

地元駅
↓23:47 東京メトロ東西線(中野行)31分
中野
↓00:20 中央線各停(高尾行) 41分 \460
八王子01:01

※この間、八王子のマン喫茶で仮眠

八王子04:52
↓中央線(高尾行) 8分
高尾
↓05:16 中央本線 高尾駅始発大月行 36分
大月
↓06:22 富士急行線(河口湖行) 52分
河口湖07:14

このプランを選択することにした。
必要な荷物を持って、また靴はマラソンということで、
カジュアルシューズはやめて、念のため動きやすいNew Balanceの
スニーカーをはいて、23時30分に出発した。

うっちが行ったマン喫は、まんが王国というところ。
3時間パックで620円。
横にゴロンとなれるという”フラット席”はあいにくの満席。
仕方ないのでPCの個室席にてチラっとネットサーフィンしつつ、仮眠をとることにした。
イスは会社で使っている業務用のイスなので寝るにはちと苦しかったけどね^^;
午前4時起床。
朝食はJR八王子駅北口すぐの”富士そば”の天ぷらそば(380円)。

高尾行き、大月行き、河口湖行きのそれぞれの始発列車を乗り継ぎ、
河口湖駅に定刻どおりの7時14分到着。
まさかこんなんがきっかけで河口湖くるとは思わなんだ(爆

・河口湖駅


さて駅からスタート地点へは歩いて約10分ちょい。
かなり大きな大会なのか、道行く人はジャージ、ランニングウェアの人が多い。
さて会場到着。
そしていろいろみてると・・・・・・いた、メロンさんw
でも見ずらいところにいたので、
ちょっと高台にある、軽食&おみやげ屋のスペースからメロンさんを見物。
それがこの写真。

・待機中のメロンさん


やはり寒そうやね^^;
たしかにこの日は寒かった^^;
すでに開会式が進んでいて、メロンさんからの応援メッセージもありつつ、
7時45分一斉にスタート。
約1万人のランナーの一斉スタートは壮観やね。
メロンさんはちょっと高い位置にある台で、スタートしていく選手達のお見送り。

・選手達を見送るメロンさん


選手の中には”もちろん”ヲタもいるw
でも参加者1万人だからランナーの集団はとぎれることがないわけで、
メロンさんはそんな選手達に一生懸命エールを送るのでした。

そしてスタートの大集団が過ぎて行った後、メロンさんも遅れてスタートしていった。
うっちはここでトイレに行きたくなってしまったので
近くの”ホテル湘南荘”のトイレを借りることに。
このホテル、超立派なホテルだ。

こちら

”柴田女将(おかみ)”がでてきてもおかしくはないイキフンだw

川*σ_σ||<おいでやす♪


さてスタート地点はもちろんメロンさんはいないので
とりあえず走っていった方向をトボトボ歩いて行くことにした。
特にアテもなくとりあえず見やすいところで
沿道応援ぐらいはしようか程度の軽い気持ち。
そしてしばらく歩いていくうちに、なにやら見慣れたジャージ発見。
メロンさんぢゃんw
何やってるんだろうと近づいていったら、普通に応援してんやんw

・メロンさん沿道応援光景その1


”走らないんかい!”というツッコミは心の中にしまっといて、
とりあえずランナー達を一生懸命応援するメロンさんを眺めていた。
道路はさんでるけどメロンさんとの距離は近い!!
なぜかそれを見物するヲタはほとんどいなく、ちょっとドキドキした時間だったw
あまりメロンさんの方ばっかみるのもアレなんで、
しっかりランナーさんたちを応援しましたYOw
そのうちメロンさんが移動するようなので、うっちも移動。
場所は河口湖大橋付近。

・メロンさん沿道応援光景その2


でもこの河口湖大橋、ヲタが多数参加してると思われる、
”ファンラン(約11キロ)”のコースからは大きくはずれてるのよね。

・ファンランコースマップ


ここ通るのは”フルマラソン(42.195キロ)”、
もしくは”河口湖1周コース(約27キロ)”参加者のみ。
だから走ってる人は一般の方が非常に多かった。
メロンさんは走ってるランナーへ「がんばれー!!」「がんばってー!」と声援。
ところどころではハイタッチで選手達を迎えていた。
そんな光景をうっちは反対側からほほえましく見ていたw
途中、河口湖大橋のところで富士山をバックにいろいろ写真撮影。
4人揃って走ってみたり、選手達へ応援しているところとか。
うっちはそれを近くでほほえましく見ているw

・しばこ沿道応援光景


・富士山とメロンさん


しばらくしてメロンさんはスタート地点へ戻ることに。
しかしここでうっち的大誤算が・・・・。
道路の反対側行ったのはいが、ランナーの大集団が次から次へと来るため、
反対側、つまりスタート地点側へ戻ることができない。
その間にメロンさんはだんだん遠ざかっていく・・・・・。
まさに”ああ、無常”w

そして約10分後、大集団がとぎれた瞬間に反対側へ渡ることに成功。
そこからうっちのファンランがスタートw
スタート/ゴール地点の駐車場へ一目散へ走った。
ちょうどファンランのランナーが同じコースをゴールへと向かっている所と
重なったため、ファンランのランナーと一緒に走る、
コート姿に荷物持ったうっちというワケワカラン画が生まれてたw

うっちがスタート/ゴール地点の駐車場へ戻ったころには
メロンさんはすでに到着した後で、姿がどこにもない状態。
しばらくしてメロンさんが再び姿をあらわす。
ゴールしていくランナー達を出迎えるためだ。

・ゴール前光景1


・ゴール前光景2


・ゴール前光景3


・ゴール前光景4


・ゴール前光景5


川σ_σ||<お疲れ様でしたー♪

とかそんな声が聞こえる。

・平野女史としばこw



女子フルマラソンの1位の選手に月桂樹の冠をかぶせるしばこ。
そしてそのランナーとメロンさんが記念撮影
そんな感じで応援サポーターとしての仕事は続いていった。
もう少しいてもよかったんだけど、さすがに疲れもあったので
10時30分すぎに撤収。

帰りは電車の時間があわなかったので、ちょうど河口湖駅に止まっていた、
新宿駅西口行きの富士急行の中央高速バスで帰宅の路へ。
約1時間40分ほどで新宿到着。(片道1700円)







教訓
・”取材”とは足でかせぐものなのだよ!
・画素数はより高く!
・ブレ補正機能、オートフォーカスは必須の機能だね!w
・あらかじめコースがわかっているのなら
 カメラを固定しておいてDV撮影ってのもありだぞ!(激謎w
スポンサーサイト
別窓 | ハロプロ関連 | コメント:4 | トラックバック:0
<<雑記 (裁判長・スフイア・ポケガタ・FC先行・レジ) | Step by Step | 26日>>
この記事のコメント
お疲れさまでした。結局うっちさんが走ってしまった。
こんなに画像撮れてうらやましいです。

バスのフロントの文字は?え○じゃないか
で締める。うまい!!
この文字はうっちさんの画像加工ですね。
2006-11-26 Sun 20:13 | URL | ちかし #-[ 内容変更]
>ちかしさん
バスの文字はこれがもともとのデザインで
何も加工してません^^;
足は大事な武器ですね(ぇ
2006-11-26 Sun 20:20 | URL | うっち #-[ 内容変更]
昨日はお疲れ様でした。
結果的に師匠と連絡取り合って、現場で合流&連番が組めたお陰で大漁祭になりました。

大会を鵜呑みにしたヲタ走者、ヲタ観客がちょっと残念な目になりましたよね・・・。
やはり、現場は“フットワーク”がものをいいますね。

現場から駐車場まで帰る道すがら、自分の歩いた距離にちょっと愕然としちゃいました。多分メロンが走った距離よりかはry
2006-11-27 Mon 12:10 | URL | リバティ #HGK.Niao[ 内容変更]
>リバさん
う~ん、なんとなくヲタさんが主催者側の
キャッチコピーに踊らされた感じなのかな^^;
やはり現場には何かがあるってことがよく
わかった河口湖でありましたw
しかし、お互い元気よね(激謎w
2006-11-27 Mon 23:51 | URL | うっち #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Step by Step |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。